FXを最近口コミ評判のネットでやってみる

templatemo.com

FX専業トレーダーになる: 求められる資質とは?

houresrae 「気楽にできる副業として」
「ちょっとお小遣い稼ぎのために」
おそらくFXに取組む殆どの方がこうした軽い気持ちでFXを始められたことでしょう。

でも、そんなほんの軽い気持ちで始めた方も、FXを続ける中で一度は「FXを専業にしてみようかな」と考えたことがあるはず…! おそらく誰もがFXの稼ぎで食べていけたらどんなにいいだろう…と考えた経験があるかと思います。

では…、FXを専業にしたとしたら、その暮らしは一体どのようになるのでしょうか。

そもそも皆さんは、FX専業トレーダーの暮らしについて、どのようなイメージがありますか? 通勤ラッシュにあうこともなく、職場の人間関係に振り回されることもなく、自分のペースで稼げる悠々自適な暮らし…というイメージを持っている方が多いのでは?

しかし、FX専業トレーダーの実際の暮らしはというと…実に大変です。
専業トレーダーとして成果をあげている方の“日々”を見ると良くわかるのですが、その暮らしは、綿密なタイムスケジュールで管理され、取引をしていない間も(あらゆるニュースにアンテナをはり続ける必要があるため)緊張が続く……という、“気ままで優雅”といった言葉とは全くかけ離れたもの! 常に変わり続ける相場をチェックし、世界情勢にも気を配らなくてはならないその生活には気を休めるヒマもありません。


しかも、それほどまでに神経を使って取引しても、投資では100%利益が出せるわけではありません。損をすることだってあるのです。

つまり、FXのみの収入で生きるということは、いつどれだけ稼げるかわからない…という不安、さらには損失を抱えるかもしれないという重圧と隣り合わせの状態で毎日を過ごすということ。この暮らしには、常に大きな精神的ストレスが付いて回ることになります。

専業トレーダーとしてやってくとは、このストレスに打勝ち、重圧の中で冷静な取引を続けていくということを意味しているのです!

よって…、専業トレーダーとして成功するには、FXに関する知識・経験が求められるのはもちろんのこと、ストレス・重圧に負けない強靭な“精神” が求められると言えます。

また、言うまでもないことですが、FXの稼ぎだけで暮らすためには、大きく稼ぐことより、損失を最小限にとどめ継続的かつ安定的に利益を出し続けていくことが何より重要! それには、無謀な勝負に出ず「低レバレッジ&損切り」を徹底した地道な取引を淡々と積み重ねていける冷静さもまた欠かせません。

みなさんのなかにも、専業トレーダーを夢みている方があることでしょう。
ただ、その暮らしは決して優雅で気楽なものではないと覚えておいてください。
ストレスに押しつぶされない強さと、(カッと熱くなることなく・いかなる事態にも動揺することなく)コツコツと地道な取引を積み重ねていく冷静さを兼ね備えた人でないと、専業トレーダーとして成功を掴むことは不可能なのです。

専業トレーダーには、常にリスク管理に努め・冷静に取引できる力が何より欠かせません。
FXで生活していくことを目指すのなら、まずは上記の点を念頭に置いて、取引の訓練を重ねていってください。



 


チャートを比べてみる


FXと他の金融取引商品、例えば個別株のチャートを見比べれば実際に見えてくることがあります。

日足チャートを比べてみると、個別株チャートはある程度先が読みやすく、FXチャートは実に読みにくいことが分かるかと思います。

私の周囲で金融取引のうち利益を出しているものを聞くとほとんどFXという回答はありませんでした。

これは個別株式と通貨ペアを取り巻くステークホルダーの規模と数だと考えます。利害関係者の数が増えれば増えるほど意見の集約は難しくなる、つまりチャートの方向性は読みづらく、稼ぎにくくなってしまうからです。


ourwer