FXを最近口コミ評判のネットでやってみる

templatemo.com

FXで利益を得る方法は二つある

noureFXで利益を得る方法は大きく分けて二つあります。一つは、為替相場の動きを予想しながら、通貨が安い時に買って高い時に売ったり、高い時に売って安い時に買ったりして、その差を利益として得る方法です。

もう一つは、FXに特徴的な「スワップ」という仕組みを利益として得る方法です。スワップとは通貨同士の金利差のことで、金利差のある通貨を取引して保有していると、その差益分を日単位でもらうことができるというのものです。日本円は低金利なので、円を売って高金利の通貨を買えば、受け取れるスワップ金利は大きくなります。

為替差益を狙うタイプ

為替差益を主な利益として狙う場合、その中でも投資スタイルは短期投資、中期投資、長期投資とわかれます。実際に大きな利益を出している人には短期投資、特にデイトレードの手法をとっている人が多いです。

為替差益で利益を大きく上げるためには、為替レートの動きを予想できるようにならなければなりません。その際に役立つのは、やはりチャートです。ただチャートだけからパターンを読み取るという方法もありますが、短期投資の場合は刻々入ってくる経済ニュースを見ながら、チャートの動きを読むという方法が良いでしょう。

中長期投資の場合は、各国で発表される経済指標を事前に予想したり、将来の経済情勢を予想したりする必要がありますが、それでも実際に取引をおこなう際には、チャートでその売買のタイミングを確認することになります。

チャートはFX業者の取引画面で確認することができますし、経済ニュースもFX業者が日々刻々と配信しているので、それを入手することも簡単にできます。初めはニュースを読んでもよくわからないかもしれませんが、慣れてくれば、テレビや新聞の経済ニュースも、為替に関連しているニュースは何なのか、どう影響するのかを読み取れるようになってきます。

スワップ金利を狙うタイプ

このように経済ニュースに敏感になり読み取っていくのが面倒、あるいは苦手という方には、スワップ金利を狙うのがおすすめです。日本は今超低金利となっているので、円を売って、高金利の豪ドルやNZドルを買えば、毎日数十円を手に入れることが簡単にできます。

例えば円が金利0.1%で豪ドルの金利が4.5%で、1豪ドル=80円であれば、16万円を元手に、レバレッジを5倍にして1万豪ドルを購入し、その金利差4.4%分の、毎日100円を受け取るということができるのです。


 


チャートを比べてみる


FXと他の金融取引商品、例えば個別株のチャートを見比べれば実際に見えてくることがあります。

日足チャートを比べてみると、個別株チャートはある程度先が読みやすく、FXチャートは実に読みにくいことが分かるかと思います。

私の周囲で金融取引のうち利益を出しているものを聞くとほとんどFXという回答はありませんでした。

これは個別株式と通貨ペアを取り巻くステークホルダーの規模と数だと考えます。利害関係者の数が増えれば増えるほど意見の集約は難しくなる、つまりチャートの方向性は読みづらく、稼ぎにくくなってしまうからです。


ourwer