FXを最近口コミ評判のネットでやってみる

templatemo.com

ロスカットがFX取引を守る

houresrae FXは、外国為替相場を舞台にし、異なる通貨を売買しながら利益を求めていく投資取引になります。
FXでの通貨の売買は、為替レートの変動を利用しており、例えば1ドル100円のドルを1万ドル分100万円で買っておき、この為替レートが1ドル120円に変動した時に1万ドルを売って120万円にし、その差益の20万円が利益になるという形を取っています。

また、FXにはレバレッジというものがあり、FX取引業者に証拠金を預けて担保にし、投資取引の際にお金を借りてよりたくさんの通貨を取引できる仕組みがあります。
これを使うことで、例えば先の例を使えば、1万ドルを買うために100万円必要なところを、レバレッジを25倍にして使い、手持ちの資金5万円で同じことをできるようになるのです。

ただし、このレバレッジにはデメリットがあり、利益が出た場合でも損失が出た場合でもその効果を大きくしてしまうために、損失に為替レートが動いた場合は甚大なマイナスになってしまうこともあるのです。

こうしたことから、FXの取引業者は顧客の資金を守るためにロスカットというセーフティーネットのようなものを用意しています。
これは、顧客が保持している取引中の通貨の含み損の額が、あらかじめ預けてある証拠金に対して一定の割合になった場合、強制的にその通貨を決済してしまう仕組みになります。
このロスカットにより、取引業者は、顧客が預けている証拠金よりも大きな損失が出ることを防いでいるのです。

この仕組みにより、投資家は安全に取り引きが行えることになっているのですが、ロスカットは大きなマイナスになることが多く、大事な資金である証拠金の大半を一回の取り引きで失ってしまうというリスクがあります。
一度ロスカットを受けてしまえば、資金が少なくなるために、次の投資を行うことが難しくなます。
また資金をたくさん使うこともできなくなるために、小さな利益を得ることしかできず、この損失を取り戻すには大変に時間がかかることから、避けることが出来るのであればそれに越したことはない事態であると言えるでしょう。

ロスカットが発動する証拠金に対する含み損の割合は、それぞれの取引業者によって違いがあるために、よく確認をする必要があります。
もし、FXを始めるのであれば、予めこのロスカットの比率を調べておき、いくらの含み損がでたらロスカットが起きるのかを把握しておくことをお勧めします。



 


チャートを比べてみる


FXと他の金融取引商品、例えば個別株のチャートを見比べれば実際に見えてくることがあります。

日足チャートを比べてみると、個別株チャートはある程度先が読みやすく、FXチャートは実に読みにくいことが分かるかと思います。

私の周囲で金融取引のうち利益を出しているものを聞くとほとんどFXという回答はありませんでした。

これは個別株式と通貨ペアを取り巻くステークホルダーの規模と数だと考えます。利害関係者の数が増えれば増えるほど意見の集約は難しくなる、つまりチャートの方向性は読みづらく、稼ぎにくくなってしまうからです。


ourwer