FXを最近口コミ評判のネットでやってみる

templatemo.com

テクニカルチャートの見方を学ぼう

houresraeFX取引きで利益を挙げるための重要なツールがテクニカルチャートです。初心者の人には、分かりにくいという印象を持っている人も多いと思いますが、少し勉強するだけで、とても有効なツールとなりますから、基本的なことだけでも覚えておきましょう。

過去の通貨の値動きをいろいろな分析方法で図表化したのが、テクニカルチャートです。そしてそのテクニカルチャートを参考にして、現在の動きのパターンを分析し、この先の為替レートの動きを予測するのをテクニカル分析と言います。テクニカルチャートには多くの種類が存在し、新しいものも次々と開発されています。しかしチャートの基本となるのは、ローソク足を並べたチャートです。

現在は、改良型のチャートが多く存在し、大きくは、上昇局面を分析する「順張り型チャート」と下落局面を分析する「逆張り型チャート」の2つに分けることができます。数多くあるチャートの中から、局面や自分の知りたい情報に合わせて、どのチャートを選択するのかが1つのポイントになります。

数あるチャートがそれぞれ、順張り型と逆張り型のどちらになるのかを、理解しておくことが重要になります。例えば比較的よく使われているMACDは、どちらのタイプのチャートでしょうか。

答えは順張り型チャートです。順張り型チャートの代表的なものには、他に移動平均線や一目均衡表などがあります。株式投資の世界でもよく使われているのが移動平均線で、ローソク足と移動平均線の組み合わせで、全体的なトレンドが分かります。

逆張り型チャートの代表的なものは、ストキャスティクスやボリンジャーバンド、RSIなどがあります。これらのチャートは、柔軟に使うことが必要で、逆張りをする時に順張り型チャートを参考にする、あるいは順張りをするときに逆張り型チャートを参考にすることもあります。またチャートは、あくまで過去の実績であり、この先必ずそうなると保証されたものではないことを忘れてはいけません。

FXに限らず、24オプションでの投資チャートの信用し過ぎは禁物と言われています。確かにこの先、チャート分析通りに動くという保証はありませんし、またチャートの見方は、人それぞれ違います。また複数あるチャートの分析結果が、違うことを示すことも少なくありません。つまりチャートは、複数のものを組み合わせて柔軟に分析することが必要なのです。そうすることで、例えば上がるか下がるかの50%の確立だった予想が、60%や70%になるのです。

よく使われいるチャートの中で、初心者が一番理解し難いのが、一目均衡表かもしれません。この一目均衡表は、転換線、基準線、雲、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2の6つの要素がローソク足を囲んでいます。ここではそれぞれの詳しい説明は除きますが、買いシグナルとなるのは「転換線と基準線が上向きで、転換線が基準線を抜いて、ローソク足が雲を突き抜けた時」です。また他にも、このチャートは使い方によって、いろいろな分析ができる有用なツールです。

もう1つよく使われるMACDは、トレンドを追うチャートです。MACDとシグナルの2本線だけで構成されており、MACDがシグナルを抜けた時が買い、その逆なら売りという見方ができます。



 


チャートを比べてみる


FXと他の金融取引商品、例えば個別株のチャートを見比べれば実際に見えてくることがあります。

日足チャートを比べてみると、個別株チャートはある程度先が読みやすく、FXチャートは実に読みにくいことが分かるかと思います。

私の周囲で金融取引のうち利益を出しているものを聞くとほとんどFXという回答はありませんでした。

これは個別株式と通貨ペアを取り巻くステークホルダーの規模と数だと考えます。利害関係者の数が増えれば増えるほど意見の集約は難しくなる、つまりチャートの方向性は読みづらく、稼ぎにくくなってしまうからです。


ourwer